初期の状態に近づける

このエントリーをはてなブックマークに追加

初期の状態に近づける

車査定では最初の状態から遠くなればなるほど査定額は少なくなっていきます。 今は車を買う人のお金の使い方も大きく変わってきています。 少し面白い話をしますと、アジアの研究をしている大学院生が報告してくれたところによると、日本語の表記が消さないまま車が東南アジア等では使われているそうです。 日本車は質が良く安全というイメージがあるためです。 ですが、今では中国、韓国等今まで自動車産業において、日本に追い付こうとしている国が増えてきました。 インドなどもそうですね。 昔は横浜港に中古車がずらりと並んでいました。 車査定はここ数十年で発展したサービスですが、中古車輸出でディーラーが資金を得ていた時とはまた情勢が変わってきています。 昔は多少古くとも海外に輸出できましたが、その量が減った今、内需を見込むしかないのです。 でも、日本で年式が古く初期装備品もない、コンディションが良くない車に乗る人はそういません。 新車に近い状態のものを新しいユーザーは欲しがります。 そのため、出来るだけ価値があるうちに車を手放すことと、コンディションに応じて車査定の業者を選ぶことも必要です。 下取りは比較的寛容なのですが、あまりに初期の状態、シートの傷や汚れが酷い、パーツが欠けている等損傷が大きいと逆に処分代をとられることもあります。 特に内燃機関の損傷は致命的です。 そういう車でも車査定に出せば引き取ってくれる業者は多いので、インターネット等で探してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加