個人情報は保守する

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人情報は保守する

車査定で起きやすいトラブルはやはりお金の問題です。 査定額に納得がいかないということも多いのですが、業界団体の日本自動車査定協会が規準に関して、細かい規定を作っています。

比較的よく起きるのは契約後に、実は欠陥があったということで、売買契約の取り消しをするパターンです。 査定額から傷の分差し引いた額に減額されることもあります。

この車査定における減額は、その傷を皆様や査定士が気が付くかどうかということです。 見ただけで塗料がはがれている、内燃機関に問題がある場合は査定士のミスなので、減額は応じずに済みます。 ですが、本当に気が付かないのも仕方がないというレベルですと、瑕疵担保責任といって皆様の管理下にあった時にメンテナンスしておくべきということで減額されることがあります。

後は、入金されない、もしくは約束の額が入らない場合は相手が間違えていることも多いので、通帳のコピーなどをとって店舗に問い合わせてください。 ペーパーベースの方が、法的拘束力はあるのです。

こうしたトラブルは、互いの誤解等で起きるものです。 車査定の時にしっかり説明を聞いて、納得がいくまで質問をしてください。 契約違反がはっきりしている場合は消費生活センター、国民生活センターで無料相談を行い、法テラスや車査定の相談窓口がありますのでそこに相談してみましょう。 ただ、1度契約を結んでしまうとなかなか覆すことはできないのでどのような問題があるのか考えていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加